HR/HM名盤語るブログ

ヘヴィメタル/ハードロック系のアルバムを語ります。

RAGE『TRAPPED!』

RAGEというバンド、好きでしたねぇ〜wwドイツ出身のバンドで1番最初に好きになりました。1992年の話ですww高校3年になってました😆今回紹介する「Trapped!」その92年にリリースされたアルバム。

例のヘヴィメタルボンバーって、ラジオ番組で聴いて、とりあえず、「うお!エックスみたいやん!世界はスゲーな!」って、すぐに手に入れた記憶がありますw

で、アルバム聴いた感想はというと、めっちゃカッコええやん!wって当時思いましたよ😍まずは、兎にも角にも歌メロの良さ!ポップでキャッチーなのねw日本人にはたまらん、カノン進行なんじゃないの、これ?って思ってしまうくらいポップw

そして、あのスピード感。テンポ平均170くらいで、拍のウラを全てスネアを叩く、いわゆるブラストビートね!
これって当時はマジで、YOSHIKIの専売特許かと思ってたのねwだけど世界は広い!普通に速い曲やっとるやん!しかもドイツ人がさw

まあ、後付けなんだけど、奇妙なギターリフがどうとか、スラッシュメタル手前メタルだとかw確かにね、ついにワタシも、イケナイ世界に足を突っ込むんやなって思ったもんですwあのブルータルな音の洪水、エックスのblue bloodとはまた違う質感、急に大人の仲間入りしたような感じがしましたw

だって、ジャケットがこれですもん☟😱

f:id:nanasat10:20220122062859j:image

次作の「THE MISSING LINK」までのスリーピース時代が、良き時代でした。のちにツインギター編成になって、その時期も素晴らしかったですが、いかにもRAGEだなって思わせるのは、やはりスリーピース時代です。

メロスピらしいキャッチーさと、男臭い攻撃性、多少の風変わりさもあり、それらが絶妙なバランス感でもって、従来のジャーマン・メタルとは一線を画する存在だったのかな、なんて思いますね🥰

☝︎ちょっと暑苦しいんだけどね🤣

Trapped!

Trapped!

  • アーティスト:Rage
  • Noise
Amazon

 



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村


ハードロック・ヘヴィーメタルランキング

 

 

 

 

DEF LEPPARD『ADRENALIZE』

DEF LEPPARDの中で1番好きなアルバムかもしれません。やっぱりリアルタイムで体験した作品は特別ですね😆1992年3月にリリースされました。高3前の春休みに買った記憶があります。

f:id:nanasat10:20220118210851j:image

当時ミュージックライフ(懐かしい)のレビューにトップで掲載されていて、とても良い事が書いてあったのでww購入しました。

ティーブ・クラーク不在という、またしても突如として襲った悲劇を想起してしまいますが、当時このアルバムで初めてレップスを知った私としては、あまりピンとはこなかったですね、当たり前だけど…

確かに今聴くと、過去2枚のモンスターアルバムは、どことなく70's的な暖かみが感じられるけれど、本作は、完全に近未来的サウンド(と思う)で、誤解を恐れずに言うなれば、パーフェクトなレップスサウンドと言えると思う。その「暖かいサウンド」というのが、スティーブのギターワークだったんじゃないかなぁ…なんて思ったりするんです🥰シャリっとした質感のリフが、この『ADRENALIZE』には、ないんですね🥺

後にジョー・エリオットが当時「スティーブの死という悲しみを乗り越えようと、バカみたいなパーティソングを敢えて書いた」と、語っていて、それを思うと切なくなるが、そういった事を度外視しても、ドアタマからラストまで、レップス以外の何物でもない楽曲とメロディを、極上のサウンドプロダクションで堪能する事ができます🥰

当時、高3前の春休み、、、まだHM/HRの世界へ、正式に足を踏み入れていない時期でした🤣このアルバムを聴いて、一生懸命勉強しましたよ😆地味な存在ではありますが、間違いなく本作は、洋楽ハードロックへの入門編でした。そういう音楽って大事ですよね😆

☝︎最高のパーティソング!!!コレ聴くと元気出る😍

☝︎疑似LIVE風✨理屈抜きでカッコイイし、清涼感あふれるメロディが秀逸な名曲だ!

ハヴ・ユー・エヴァー

ハヴ・ユー・エヴァー


Def Leppard デフレパード / Adrenalize 【SHM-CD】

 

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村


ハードロック・ヘヴィーメタルランキング

 

 

IRON MAIDEN『KILLERS』

これまで割と、ほとんど聴いた事のないようなアルバムを、敢えて取り上げてきました。何故でしょうね??🤣しかし今回は違います!何千、いや、何万回って聴いたアルバムです!(そんなに聴いてはない😝)

メイデンです!『KILLERS』です!ギターの片割れにエイドリアン・スミスを迎えて制作された81年リリースの2nd。めちゃくちゃ好きだし、リアタイではないけれど、よーく聴きましたよ😆

私がメイデンを初めて聴いたのは、確か93年頃…という事は…ブルース・ディッキンソン脱退してますね😆脱退間際に立て続けにライブ盤がリリースされたのですが、私にとっては、このライブ盤がある意味、ベスト盤的な役割を果たしていました。ここから順に遡っていきましたね。

とにかく、この時期にリリースされたライブ盤、特に「ドニントン・モンスターズ・オブ・ロック」はまさにバイブルでした!なんてカッコいいんだ!って悶絶したものですよ😆その中に収録されていた『KILLERS』から演奏された唯一の曲、それが「Wrathchild」でして…ん?なんかヤケに短い曲があるぞ?ポツンと1人取り残された様に、その曲は私を見つめていました🤣

f:id:nanasat10:20220115200619j:image

01    The Ides of March
02    Wrathchild
03    Murders in the Rue Morgue
04    Another Life
05    Genghis Khan
06    Innocent Exile
07    Killers
08    Prodigal Son
09    Purgatory
10    Drifter

なんとなく前情報で「ブルースの前にいたシンガーの頃の作品」みたいにイメージしていたと思います。初めて聴いたとき…なんて言うか…ジワジワきたんですよ😆おかしいでしょ?🤣

大概このアルバムの感想って言ったら、大多数の人は、メイデン史上最強にアグレッシブだとか、よりコンパクトに研ぎ澄まされて、一気に聴かせる!とか、そんな感じですよね?

おそらく、ブルース参加後のアルバムを先に聴いていたので、多少違和感を感じたんだと思うんですが、それでもすぐに最高!って思いました🔥❣️

冒頭2曲の手法は後々のメタル系のバンドに強烈なインスピレーションを与えましたね。その2曲に先ほどの「Wrathchild」が含まれます。後世に影響を与えるほどの楽曲だったのですね🤣

☝︎みんな若くてカッコイイ✨何気にイケメンなんですよね😆スティーブ・ハリスの存在感、惚れ惚れします🥰

あまりにもたくさん聴いてきたアルバムというのは、うまく記事に出来ないのです。思い入れのあるアルバムは、うまく言葉として表現できないというか……あ🤭だからいつも聴いた事のないアルバムを取り上げてるんですね😅

前置きだけになっちゃった💦🤣この続きは…

またいつかどこかで『KILLERS』語りたいと思います🙏


Killers (2015 Remaster)


Iron Maiden Killer World Tour 81 アイアンメイデン メンズ 流行 メンズ パーカー スウェット ファッション スポーツ 野球ジャケット スタジャンパーカー 秋 長袖 厚手 防寒 防風 登山 ゴルフウェア アウター おしゃれ

 

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村


ハードロック・ヘヴィーメタルランキング

安全地帯『安全地帯 Ⅱ』

「安全地帯」初聴きです

サブスクを彷徨っていたらプリプリにたどり着いて、そこからまた彷徨ったら安全地帯にたどり着きました😆

f:id:nanasat10:20220109162911j:image

まともに聴いたの初めてです。もちろん玉置浩二は知ってますよ😆素晴らしい作曲家であり、シンガーである事も、当然。だけど、安全地帯というバンドをバンドとして、しっかり聴いたのは、今回が初めてです😎

結論から言うと…私…こういうの…大好物でっす😍🤣その理由を挙げてみました…

  • 哀愁発散度
  • 都会的洗練度
  • 泣きのギター度
  • ハードロック的疾走度
  • ゲイリー・ムーア
  • ウェットな質感度

コレですよ🤩✌️とは言え、当たり前だが、真性のハードロックではないので、これらの要素が散見されるのは、アルバム収録曲の半分くらい。そりゃそうでしょうな。そうじゃなきゃ売れないかね😂

しかしね、メンバーからね「ワシはハードロックが好きなんじゃ!w」「オイラはツェッペリン が好きなんじゃ❗️w」って言う叫び声が、そこかしこから聞こえてくるのよね😎

また曲解説するんですか?😆やりましょ👍😆

楽曲解説!

    ワインレッドの心

  • 泣きのギター度    ★★★★★
  • 哀愁発散度           ★★★★★
  • 都会的洗練度       ★★★★☆
  • ゲイリー・ムーア度 ★★★★☆

言わずと知れた「安全地帯」の代表曲にして、日本歌謡曲としての知名度も圧倒的。オリコン1位はもちろん、1984年度年間オリコンチャートでも2位。レコード大賞とか有線とか、権威ある賞をほぼ総ナメ。そりゃそうね、めっちゃいい曲だもん😍でもね、イントロ聴いたらゲイリー・ムーアにしか聴こえなかったですよ🤣どんなハードロックの名曲なんだ!って震えました🥺

    真夜中すぎの恋

  • ハードロック的疾走度 ★★★★☆
  • 哀愁発散度      ★★★★★
  • ウェットな質感度   ★★★★★

こちらも、ワインレッドの心に勝るとも劣らない名曲。イントロのクサメロ感も完全に振り切ってるwwこのままバンドサウンドの音量レベルが上がれば、メロハーと呼んで差し支えないだろう。つまり、LIVEではハードロックだったと思います。ギターソロはかなり主張しているから尚更ね🥰

 眠れない隣人

    マスカレード

  • 泣きのギター度   ★★★★☆
  • ベースプクプク度  ★★★★★
  • 哀愁発散度     ★★★★★
  • ハードロック度   ★★★☆☆

    あなたに…

  • 絶品バラード度  ★★★★★
  • 謡曲度     ★★★★★

けっこうね、どの曲もみんな同じ様なメロディなんですよね。でも、コレでいいのです😍溺れたいんです❤️玉置節とも言える、メロディライン、コード進行、サウンド、もちろん歌唱も👍溺れたいんです🤣

後半戦は?

正直言ってテンション下がります。あとちょっとでハードロックと言えるような曲が前半に並んでいるので、後半は物足りなさを感じるかもしれません。

個人的に歪んだギターサウンドがないと、どうしてもそう感じてしまいます😆あの音はやはり反則です。綺麗な音ではないのに、キューンて鳴ると、一気に楽曲がドラマティックに彩られる🥰

それはさておき、かと言って、退屈かというと、まったくそんな事はなく、アタマからつま先まで、玉置節を心ゆくまで堪能する事ができます。この人のメロディセンスもハンパではないな!

  ダンサー

  • 都会的洗練度      ★★★★★
  • ロマンティック哀愁度  ★★★★★
  • やっぱりサビメロ最高度 ★★★★★
  • ガットギター超絶技巧度 ★★★★★

あの独特のウィスパー歌唱も、後半になると顕著になる。アレをネタに、よくモノマネされたんですよね🤣確かに少しばかり、こしょばい気持ちになります🥰

☝︎ひばりさんのワインレッド😍


【中古】 安全地帯 II /安全地帯 【中古】afb

 

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村


ハードロック・ヘヴィーメタルランキング

 

 

ハラミちゃん 日本武道館LIVE!!!

2022年1月4日「ハラミちゃんワンマンLIVE IN 武道館」参戦してきました。結論から言うと、ポジティブなパワーが全開で、とてもハートフルで、感動的なLIVEだったと。これは嘘偽りではありません。LIVE後、帰路に着く途中、冷静に振り返って、自分の中で反芻して出てきた答えでした。

f:id:nanasat10:20220109110901j:image

正直に言うと、やや精彩を欠いたプレイもあったようにも思うけど、彼女に1音違わぬ演奏など求めていないし、全身全霊で叩きつけて、「届けるんだ!」っていう姿勢が滲み出る彼女のプレイを、私はやはり好きなんだって、改めて思ったし、そのスタイルで、ここまで登り詰めた事実は、素直にリスペクトに値するんですね。

私は彼女が「ハラミちゃん」として活動を始めた初期の頃から、ずっと見てきました。(ここで言う初期とは広瀬香美さんとのコラボ動画を投稿するまでの時期)

YouTube配信で「ハラミはね、武道館でピアノ1台ワンマンやるのが夢なんですよぉ」って独り言のように語る姿を微笑ましく思ったし(現実になるなんて1ミリも思わなかった)、イチナナ配信で見せた、音楽への想い、ピアノへの情熱には、心打たれたし、なんとか、この子を表舞台へ押し上げたいって、本気で思いましたよ😆

だからね、やっぱりね、嬉しかったんですよ😆武道館のステージでピアノ弾きまくるハラミちゃん見てね、「あぁ…本当に良かったね」って何度も心の中でね…

f:id:nanasat10:20220109110931j:image


ハラミちゃんのピアノアレンジで人気曲を弾いてみよう! (ピアノ・ソロ) [ ハラミちゃん ]

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村


ハードロック・ヘヴィーメタルランキング

 

PRINCESS PRINCESS『LOVERS』③

とにかくロックな後半戦

メンバーが好きなように弾きまくってますな。テキトーにリフ弾いてたら、みんなついてきた、みたいなセッション風なのが良い!スローテンポでグルーヴィでヘヴィなロックンロールだ👍それにしても…渡辺敦子ヤバくない?🤣独壇場だよ、こりゃ😍上昇してきて、2小節6連符の速弾きとか、攻めますねwwリードベースですわ!メインリフも主旋律がベースで、ギターはウラって感じ。ここからは甘ったるいポップスは、もうないよって言う宣言だな😎

  • shake it off

こちらもイカしたR&R!L.A的なギターリフ!つい弾きたくなるヤツ👍ヴァン・ヘイレン直系のアプローチですね!オーソドックスなソロもイケてます!!!

  • パパ

パパ…泣ける…😆ワタシ独り身だし、もちろん子どももいないから、正直よくわかりませんが、名曲「M」と双璧であるという事実は、お伝えしたいのです😂

  • 海賊と私

タイトルの意味は、よくわからんですが😅シャッフル・ブルースなR&R👍こういったブルース基盤のポップソングなんかも、ひょいひょいっと作っちゃうんだから、センスなんよね…☺️中山加奈子の楽しそうにプレイする姿が目に浮かぶ🥰ロックンロールソングを、ずっとプレイしてたいんだろうね😎ロックな人だから😍

  • パレードしようよ

まさにパレードな、ラストを飾るに相応しい、ハッピーな歌だ。ホーンが効果的にキマッていて、大団円を迎えるって感じですね。

バンドの教科書

後半はロックしまくるんですよね!このアルバムをポップ過ぎてガッカリした、なんておっしゃる方もいるけど、どゆこと??🤣

このアルバムの曲、バンドで全曲コピーする事をオススメします😆まるっとコピーすれば、技術的な事はもちろん、オリジナルを作成するとき、アレンジとか歌詞の書き方とか、めちゃくちゃ参考になりますから!

特に女性キーボードさんは必聴です!アレンジに困ったら、本作の今野登茂子サウンドを、とりあえずパクればOK🙆‍♀️🤣です!!!

そして、なんと言っても、渡辺敦子だ!「女性で日本一のベーシストになりたいっ!」なんて仰っていたそうだが、遥か雲の上を、ひた走るレベルに到達してます😍サウンド、フレージング、自己主張率の塩梅加減、ライブパフォーマンスにおける存在感、そして、ソングライティングに至るまで、鬼神の如くである。

そんな渡辺とリズム隊を成す、冨田京子のドラミングも、ロックしまくってます!チューニングの問題なのかな?でも、明らかに音がデカいでしょ😎最強のリズム隊ですわ😍

中山加奈子の場合、テクニカルではないが、その華のある佇まいが、とても印象に残りますね。奇をてらわない王道のロックギターサウンドである事がどれだけ重要か…それも証明してみせてます。あとね、SGってめっちゃ弾きやすいんですよ😆もちろんアンガス・ヤングみたいに、イッテないけどね🤣

そして、奥居香のお茶の間感です🤣ロックでパワフルな歌唱とJポップなテレビっ子感?😅まあ、売れるバンドの必須条件として、親しみやすさと、マニアックさの同居よね😊要するに、すべてを兼ね備えていた、という事で…🥰

 

☝︎奥居香のほうが🎸けっこう弾いちゃうよね🎸

☝︎名曲💖パーソナルな歌詞だから、シングルにはしなかったんでしようね😉それにしても奥居はマルチプレイヤーだなぁ🥰

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村


ハードロック・ヘヴィーメタルランキング

PRINCESS PRINCESS『LOVERS』②

楽曲前半、偏り解説w 

  • ムーンライト ストーリー

オープニングを飾るに相応しい、スケールの大きなナンバー。Aメロから奥居節全開だ!ゆったりテンポから、サビは4ビートへと、メリハリの効いたアレンジもツボを心得ている。

  • 友達のまま 

イントロのドラムが印象的。ちょっぴり切ないメロディを、情感たっぷりに奥居が歌い上げている。

  • Ding Dong

キーボードリフが、いかにも80's末的なバブリーな雰囲気を醸し出しているが、イヤミなく、ムリなく、華やかさを楽曲に添えている。しかしながら、このノリの良さが、あくまでロックソングである事を宣言してみせている。

  • レイン

ギターアルペジオのバラードイントロから、ブレイクを挟んで、バンドがドンっと入って、ヘヴィに疾走する。マイナー系のハードロックと呼んで差し支えないと思う。中山加奈子、入魂のソングライティングである。

奥居の泣きのシャウト、そして、ギターソロでも泣きまくる中山のプレイが光る!さらに、渡辺敦子の刻むベースラインは水を得た魚の如くだ!

ラスト、冨田京子のドラムロール、そして、LIVEさながらにバス2発、シンバルで締めるのは、ライブバンドである事への自負なのかな?

ロックンロールへの拘り

アルバム前半は、メロディアスな楽曲を畳み掛けるが、重心の低いサウンドが軽薄さを排除していると思う。ポップではあるが、ロックなのだと。殊に冨田京子のドラムプレイは素晴らしいな。スネアの音がスパン!って、めっちゃラウドなプレイだ!

敢えて言わせてもらうが、当時の彼女たちは「私たちは、ただのロックバンドだ」みたいな意地みたいなものを、かなり前面に押し出していたような気がする。

事務所的に、外部ライターに依頼する事も念頭においていたらしいが、メンバーは、コレを断固として拒否!自分らの曲は自分らで書くんだ!最高だね!まさにロックンロール!体制に反逆してこそ、ロックなのだから!

まあ、いろいろあったとは思うけど、そんな頑固とも思えるアティチュードが見たいんだよ!それがカッコイイって思えるんだよ!そんなバンドが見たいんだよな。だからさ、敢えて言うって前置きしたでしょ😆

レイン

レイン


LOVERS

 

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村


ハードロック・ヘヴィーメタルランキング